2009年3月21日土曜日

布人形-村田紅子展-

                                     

【村田紅子展】
会場:ギャラリー・アニータ
    小田急線座間駅東口徒歩2分
〒228-0024座間市入谷4-1869-5
2009年3月20日(金)~25日(水)
木曜日休廊11:00~18:00 
TEL046-254-4833

憂いをたたえた人物画、風景画と共に会場に飾られた、素朴なアジアの染や織の布地をまとった布人形に惹かれました。どの人形も村田さんの服の残り布だそうで、シルクのワンピースは一見、無地なのによく見ると繊細な手刺繍でうめられたサリーの端切れ、胸元を飾るバラのブローチは片方失くした象牙のイヤリング、そうそう・・・人形の腕は細い木の枝なのです。
最後に鉛筆描きの目鼻が入ったら、ふしぎ、ふしぎ・・・籠の中で謳う、彼女たちのちいさな声が聴こえてきます。

3 件のコメント:

  1. こんばんは!
    「ロココの風」の方にも人形の写真が載ってましたね♪ なるほどみけのぐ〜さんが欲しくなるの解る気がします(笑)。
    人形がまとっている衣装などの素材に心引かれますね、素朴な人形に手の込んだ布地や象牙のイヤリングのブローチ、どれも作者の愛用品だったってのが愛おしさが増しそうです。

    返信削除
  2. あっ! 本当 
    腕が小枝なのですね。
    ご説明で初めて気がつきました。
    掌の部分もナイフで切って表現しているのですね。
    細かい!

    返信削除
  3. みけのぐ~2009年3月24日 0:26

    テッドさん
    そうですね、愛情と完璧なまでに洗練されたフォルムと色。
    素材も天然素材限定で・・・洋服の余り布で作ったとおっ
    しゃる通り、御自身の服選びにも厳しい眼が感じられます。
    ポリエステル、ナイロンは当然ご法度でしょう(^_^;)

    三枝乎さん
    そうそう指もあるのです。
    そして・・・腕が小枝だからか、大人っぽい雰囲気ですよね。

    返信削除